スポンサーサイト

2017.04.07 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    札幌で新電力を選ぶなら許認可を受けている電力会社を選ぼう

    2017.04.07 Friday

    0
      ■詐欺やトラブルにあわないためのポイント

      札幌でも電力自由化がスタートしていて、すでに新電力の電力会社を比較できるようになっています。各社のサービス内容や料金を見比べられるようになっています。

      新電力にするからにはやっぱり安くしたいわけですが、ただ気を付けなければいけない点もあります。すでに電力自由化に便乗した詐欺や、トラブルも出始めているからです。


      たとえば「うちは絶対に停電しませんから、安心してください!」といった営業トーク。これ自体は決して嘘じゃないんですが、他の電力会社でも停電の心配はほとんどありません。

      停電が起きる最大の原因は送電線の問題です。電線が途中で切れるとか、そういった問題が生じたときに停電が起きるんですね。



      ただ電力が自由化されても送電線に関しては既存の設備がそのまま利用されます。新電力会社は既存の電力会社(送電会社)に利用料を払って送電線を使わせてもらっています。

      なので、一部の電力会社が停電に強いわけでもないし逆に、他の家は停電ていないのに自分の家だけ停電するといったことはまずおこりません。


      他にも注意をしたいのは「安くなる条件」です。携帯電話の値引きのように、価格を下げる代わりに別の何かに申し込みをしなきゃいけないとか、セット割引が適用されていないか確認をしましょう。

      特に気を付けたいのが契約期間です。長期契約をすることによって値引き幅を大きくしている電力会社もあります。その間は、他の電力会社へ乗り換えできなくなります。



      小売電気事業者として登録をしている電力会社であれば、書面にて契約内容をきちんと説明することが義務付けられています。

      トラブルになるとしたら国の許可を受けていない業者です。政府のホームページを見ると札幌をカバーしている電力会社を見つけることができますよ。



      ■工事の手間や費用も掛からずだいたい10%くらい安くなる


      ちなみに新電力に切り替えた場合、どのくらいの電気料金を節約できるのかというと、おおむね10%程度を見込んでおくとよいです。

      ちなみに4人家族の場合、だいたい1か月の平均電気使用料金は11000円程度となっています。つまり月間で1100円くらいの節約になります。


      契約を切り替えるだけで毎月1100円、年間に直せば12000円も電気代を安くできます。ちなみに契約変更に当たって必要なのは事務処理の手間だけです。

      スマートメーターへの交換さえ済んでいれば工事や設備切り替えの手間はかかりません。もちろん、費用も一切かからないこととなっています。


      スマートメーターの切り替えが住んでいない場合も、電力会社を契約をするときにその点を伝えておけば、優先的に工事をしてもらえるように手配してくれるはずです。

      既存の電力会社(ほくでん)から新電力に切り替わっても、生活にはまったく影響はなく、ただ毎月送られてくる請求書の発送元が変わる程度ですよ。



      ■札幌の新電力会社の電気料金を比較すら一括見積サイトを使おう

      政府のホームページを見ると札幌に対応している電力会社を見つけることができるものの、価格やサービスを比較することはできません。あくまでも会社の概要が知れるだけです。

      なので、自分にとってもっとも都合の良い電力会社を見つけるには、自分でホームページを見たり問い合わせをして調べる必要があります。


      ただ電力会社のサービス内容を一括で比較・見積りできるサイトも誕生しています。このサイトを使えば、面倒な手間をすべて省略できます。

      もちろん、国に登録されている600以上の電力会社のうち、札幌をカバーしているところだけに見積り請求ができます。
      ↓↓↓




      切り替えのピーク時期に入ってしまうと、順番待ちになってしまったり、もしくは新規契約そのものを一時見合わせになることも考えられます。
      なのでまずは、情報収集だけでも早めにやっておくのが良いですよ。

      JUGEMテーマ:節約&エコグッズ

      新電力一括比較サイトを使ってみた人の声

      2016.03.31 Thursday

      0
        JUGEMテーマ:電力自由化


        新電力一括見積サイトのポイント

        2016.03.31 Thursday

        0

          JUGEMテーマ:資産運用


          節電対策に赤外線カットフィルム

          2016.03.30 Wednesday

          0
            真夏の節電対策はとても重要です。特に、真昼ではみんながクーラーを利用することが多くなるため、一気に電気需要が高まり電気供給が追い付かなくなってしまうからです。
            そうなると大規模停電という大惨事になる可能性もあります。そのため、真夏ではクーラーをいかに利用せずに涼しく過ごすようにするのかが重要なポイントとなってきます。
            そこで注目されている商品に赤外線カットフィルムがあります。赤外線というのは太陽光にも含まれている光の種類です。その赤外線は物に吸収されると熱を帯びることが知られています。つまり、日光が温かく感じるのはこの赤外線のおかげでもあり、同時に赤外線のせいでもあります。
            その赤外線が窓ガラスを通して室内に入ると室温の上昇になってしまいます。そのため、室内に赤外線を入れないようにすれば、室内を暑くする要因を減らすことができクーラーの使用も減らすことができるわけです。
            ただ赤外線を室内に入れないためにカーテンを閉め切ってしまうと室内が真っ暗になり照明を点ける必要がでてしまっては、節電効果が弱まってしまいます。
            またグリーンカーテンを思い浮かべる人もいるでしょうが、一戸建ての家庭ならまだしもマンションやビルではグリーンカーテンを敷くのはそう簡単ではありません。
            なるべく太陽の光を室内に取り入れながら、太陽の赤外線だけを室内に入れないようにする必要があります。
            そこで効果的になってくるアイテムこそが赤外線カットフィルムなのです。赤外線カットフィルムは赤外線以外の太陽光を透過させることができます。つまり、赤外線カットフィルムを窓ガラスに貼り付けるだけで、室内の明るさにほとんど影響を与えることなく、赤外線をカットすることができ室温の上昇を防止することができます。
            そして、赤外線カットフィルムは貼り付けることも簡単ですし、剥がすことも簡単です。
            真夏は暑いためなるべく赤外線を室内に入れるべきではありませんが、逆に真冬では寒いため赤外線を室内に取り入れたほうが温かくなるため暖房費を抑えることができます。
            このように、取り外しが簡単であることも赤外線カットフィルムのメリットと言えるでしょう。
            費用もほとんどかかりませんし、フィルムを貼っていればその間の掃除もする手間もいらないです。
            グリーンカーテンと違って、ビルやマンションなど場所を選ばないのも大きなメリットと言えるでしょう。
            節電対策には赤外線カットフィルムが大きな効果を生むのです。



            JUGEMテーマ:電力自由化



            1